先日、知り合いから越境ECに関する相談を受けました。
僕自身は越境ECの運営に携わったことはないのですが、アリババでの海外とのやりとりやECサイトの制作・運営に携わったことがあったので、その方は僕に相談をされたのだと思います。

ただ、前述の通り越境ECの知識はありませんでしたので少し調べてみました。その内容を以下にまとめます。

越境ECに必要なこと

外国語での対応

日本以外の国々で製品を売ろうとするのですから、当然外国語での対応が必須となります。
どの国で製品を売りたいかによるのですが、スタンダードなところで英語、中国語(簡体・繁体)でしょうか。

その国の商習慣を知ること

日本語のECサイトを外国語にすることで商品が売れるということはなく、その国の商習慣を知り、その国の商習慣でものを売っていく必要があります。
国によってインターネットや物流インフラの整備がどの程度進んでいるのか、その国でECはどの程度浸透しているのかなど、事前に知っておくべきことはたくさんあります。

こういった商習慣に関する情報はネットで検索をすることでも得られるのですが、どうしても一般的に知られている情報としての価値が低いものになりがちです。

人づてに海外向けに製品を売っている人に話を聞ければ一番ですが、周りにそういった方がいない場合は、お金を払って情報を得る必要があります。
そういう場合は、海外に展開している広告代理店やリサーチ会社を頼るのはアリかもしれません。

ただ、企業の上層部で情報感度の高くない方は情報にお金を使うのに理解がありません。
そういった場合は、説得材料を用意する必要があります。
そこが一つ、大きな壁かもしれません・・・。

売りたい商品が現地で必要とされているものかどうか

ただ自社の製品を売りたいだけでは、現地で製品が売れるとは限りません。
現地で売りたい製品が必要とされているのか、売れている場合、競合はどの程度いて競合の製品はいくらでどの程度の性能があるのか。
知っておくべきことはたくさんあります。

ざっくりですが、まずは上記を押さえておく必要があります。
見てもらうと分かりますが、日本国内でものを売る(製品を開発する)場合でも当然調べておくことかと思います。

まずは製品が売れる可能性があるのか、売れない場合はどの部分がネックになっているのかを突き止め、現地に見合う形にアレンジした上で売る、と言うだけでだいぶ違うと思います。

僕は過剰な根性論が嫌いないので、事前に情報を調べておくことをまずは優先事項と考えています。
売れる見込みのないものを、先が見えないまま売ろうとするほど、効率の悪いことはないでしょう。

おすすめの記事