Googleアナリティクスでサイト内でのユーザーの動きが分かるのは良いのですが、どのページがサイトの目標である問い合わせや商品の購入に貢献しているページであるかは「ページの価値」を見ると具体的な金額で表されるので分かりやすいです。

でも「ページの価値」の指標を使うには目標の金額の設定が必要です。

この記事では、目標の金額の設定から、ページの価値の意味やどのように算出されるのかを解説します。

「ページの価値」を見ることができるだけで、直感的に目標に貢献しているページを把握することができるようになります。

「ページの価値」とは?

該当ページの平均的な価値を表した数値。

(トランザクション※1収益+合計目標値)÷該当ページのユニークなPV数で算出。

※1 トランザクション…ECサイトにおける商品購入回数。「トランザクション収益」は購入の合計収益。

商品の販売が目的ではないコーポレートサイトやサービス紹介サイトなどは、ものを販売しているわけではないため、トランザクションという指標は使いません。その代わり上記の「合計目標値」にあたるサイトの目標を完了した時の基準の金額を目標に設定しておく必要があります。

目標金額設定の例

サービスの利用見込み客を集め、サービスに関して問い合わせをしてもらうことが目的のサイトを例に考えてみます。
(問い合わせ後に対面で営業して成約に結びつける流れを想定しています。)

このサイトでは、3回の問い合わせに対して1回の成約が発生し、30,000円の収益が上がるとします。
これを踏まえて1回の問い合わせの価値を算出する場合、以下のように計算します。

問い合わせ1回の価値(金額): 30,000円 ÷ 3回 = 10,000円

この10,000円を目標の金額に設定しておくことで、それに至ったお客さんが内容を見て問い合わせする気になったページを具体的な金額で比較できるようになります。

※この金額はあくまでサイト内のページの価値を算出するための基準となる指標であり、実際の売り上げとは違うことに注意が必要です。

おすすめの記事