Webサイトを公開する段階で、Googleアナリティクスを導入するケースが多いですが、導入と同時に設定しておきたいことととして、自社からのアクセスをデータから除外する設定があります。

Webサイトの公開して間もない時期は、広告などで集客していない場合、アクセスが少ない状態がしばらく続きます。そんなアクセスの少ない状態で、自社からのアクセスがデータに含まれてしまうと、本当のアクセスがどの程度なのか分かりにくくなってしまいます。

そうならないためにも、きちんと設定しておきましょう。
以下より設定手順を説明します。

自社のIPアドレスを調べる

自社のIPアドレスが分かるのであれば、この手順は必要ありません。
分からない方は以下のサイトにアクセスしましょう。

サーバー監視/ネットワーク監視サービス

サーバー監視/ネットワーク監視サービスキャプチャ

サイトにアクセスすると、上記画像のように赤枠に自社のIPアドレスが表示されているはずです。
後の手順でこのIPアドレスを設定しますので、必ずメモ帳などにコピーしておきましょう。

Googleアナリティクスにフィルタを設定する

次に、Googleアナリティクスのフィルタを設定します。
このフィルタ機能で自社からのアクセスを除外するようにします。

「フィルタ」設定画面を開く

まず、Googleアナリティクスにログイン後、(1)左メニュー下部「設定(歯車アイコン)」をクリックして管理メニューを開きます。
その後(2)「ビュー」メニュー中の「フィルタ」をクリックして設定画面を開きます。

Googleアナリティクス フィルタメニューを開く

新しいフィルタを追加する

フィルタ一覧画面が開いたら、「+フィルタを追加」ボタンをクリックします。

Googleアナリティクス 「+フィルタを追加」ボタンをクリック

フィルタ設定情報を入力、保存する

追加するフィルタの情報を入力して、保存します。
以下の画像の赤枠に情報を入力していきます。

フィルタ設定情報を入力、保存する

フィルタ名 フィルタの名前を入力します。後々の管理のことを考えて、分かりやすい名前にしましょう。
フィルタの種類 今回は「カスタム」を選択します。
フィルタフィールド 「IPアドレス」を選択します。
フィルタパターン ここに先ほど確認したIPアドレスを入力します。

必要な情報を入力したら、ページ数の「保存」ボタンをクリックして、設定内容を保存します。

以上で設定完了です。

有効なデータを取得するようにしておくことが重要

アクセス解析などのデータは、有効なデータに絞っておくために、余計なデータが含まれないよう設定しておくことが重要です。
ちゃんと設定しておきましょう。

おすすめの記事