クライアントのサイトでPC版のURLとスマホ版のURLが違うという事例があったので、Googleの検索エンジンへの対策を色々と調べたのでメモ。

どのようにGoogleの検索エンジンに認識して欲しいのか

PCで検索された結果にはPC版のURLを、
スマホで検索された結果にはスマホ版のURLを表示したい。

今回のサイトでは、スマホで検索してサイトにアクセスした場合は、
検索結果にPC版のURLが掲載されていました。
したがって、ユーザーはPC版のサイトにアクセスすることになるのですが、
アクセスしてページがPC版ページが表示された後に、スマホ版のURLへリダイレクトされるという状況です。
この場合の問題点は、リダイレクトのタイミングが遅いこと。
PC版のページを画像を含め全て読み込んだ上で(この読み込みの時間が長い・・・)、スマホへリダイレクトされるので余計に時間がかかってしまいます。
サイトの表示に時間がかかってしまうと、ユーザーがサイトから離れてしまうリスクが高まるので、なんとか解決したいところです。
(ちなみにスマホ版へのリダイレクトは、サイトを構築しているASPサービスの仕様なので今回は変更しない前提で考えます。)

Googleの公式ドキュメント

以下のページには、今回のような場合のWebサイト内に施す設定を記載しています。

Google Search: 別々の URL

こちらのページに記載されている「パソコン用 URL とモバイル用 URL のアノテーション」に記載されている、以下の対策が必要に必要になります。
(アノテーション・・・注釈、注記という意味。今回の場合は、スマホ版のページがどのPC版のページをオリジナルとしているかを検索エンジンに指し示す注釈、みたいな意味でしょうか。)

Google のアルゴリズムがモバイルの別個の URL を認識できるように、次のアノテーションを指定することをおすすめします。
1.パソコン用ページに、対応するモバイル用 URL を指す特別な link rel=”alternate” タグを追加します。これで、Googlebot がサイトのモバイル用ページの場所を検出できます。
2.モバイル用ページに、対応するパソコン用 URL を指す link rel=”canonical” タグを追加します。

スマホからのアクセスをスマホ版URLへリダイレクトする場合の注意点

こちらのページに記載があるのですが、自動的にPC版からスマホ版へリダイレクト(強
制的にスマホ版へ移動させる)場合には、そのページのスマホ版ページへリダイレクトさせる必要があります。

■誤ったリダイレクト例
PC版URL: sample.com/about
→スマホ版URL: sp.sample.com

■正しいリダイレクト例
PC版URL: sample.com/about
→スマホ版URL: sp.sample.com/about

ひとつのURLでレスポンシブウェブデザインに対応させる方が手間は少ないが・・・

できればレスポンシブウェブデザインに対応し、PC、スマホもしくはタブレットのいずれからのアクセスに対しても同一のページを表示するようにしておくのが、Googleの検索エンジンへの対策としては最も手間が少ないと思うのですが、レスポンシブウェブデザインに対応する場合のコストと、ECなどのASPサービスを利用している場合はサービスの仕様によってどうしても対応できない場合があるのが難しいところかと思いました。

おすすめの記事