チラシやパンフレットなどの印刷物からホームページにお客様を誘導できるQRコード。
印刷物に使うには、印刷物に使える形式で作成する必要があります。

この記事では印刷に使えるQRコードの形式と、作り方を解説します。
ちゃんと作ってホームページの集客に活かしましょう!

印刷物に使える画像形式とは?

QRコードを印刷物で使う場合「ベクタデータ(ベクタ形式)」というデータの形式で作成することが望ましいです。拡張子でいうと「.eps」や「.ai」などです。
Adobe IllustratorやPhotoshopなどのグラフィック系アプリケーションを使わない方には馴染みが薄いかもしれません。

ベクタデータに対して「ビットマップデータ(ビットマップ形式)」のデータがあります。
こちらは拡張子「.jpg」「.gif」「.png」などがあります。
スマホやデジタルカメラで撮影する画像は「.jpg」です。
こちらはキレイに見せるには解像度を上げることが必要で、解像度を上げると容量が大きくなります。

なぜベクタデータが印刷に使うデータとして好ましいかというと、データ容量はそのままに、拡大縮小が自由にできることが挙げられます。拡大・縮小しても荒くならないのです。

QRコードは一般的にスマホのカメラでQRコードを撮影してホームページを開きます。
撮影の時にQRコードが荒い画像であると、ちゃんと認識されずホームページを開くことができない場合があります。

せっかく作ったチラシから、チラシのゴールであるQRコードからの誘導がうまくいかないと困りますね。
そういうことがないように、QRコードはクッキリ印刷できるベクタデータで作っておくとよいです。

ベクタデータでQRコードを作る方法(すごく簡単です)

「印刷用のQRコードを作る君」というサービスを利用します。無料で利用できます。

印刷用のQRコードを作る君

印刷用のQRコードを作る君

操作は以下です。
非常に簡単で3ステップで完了します。

印刷用のQRコードを作る君でQRコードを作る方法

  1. 「URL」入力欄にQRコードにしたいホームページのURLを入力します。
  2. 「ファイル形式」を選びます。「EPS」で問題ありません。
  3. 「QRコードをダウンロード」ボタンをクリックすると出来上がったQRコードをダウンロードできます。

印刷物に適した形式でQRコードを作って、取りこぼしを防ぎましょう!

印刷物からホームページにお客様を誘導することができるQRコードを、印刷に適したデータ形式ベクタデータで作る方法を紹介しました。
ホームページを開こうとしたお客様がちゃんとQRコードからアクセスできるように、クッキリ印刷されるようにしておきましょう。

おすすめの記事